しましまシャツ
ファンクラブ

memo

Blender_表情用ボーン覚書

あんまり複雑なものでもないのですが、今回Blenderで表情用のボーンを仕込んでみたのでメモしておきます。

基本

  1. 制御したい部分ひとつひとつに変形用ボーンを仕込み、ウェイトを設定する。
  2. コントロール用ボーンを用意する。
  3. コントロール用ボーンをターゲットにして、変形用ボーンにトランスフォーム変換、位置コピーなどを設定する。
  4. いい感じに変形するように調整する。

ボーン配置
ボーン配置

設定の例
設定の例

上下の拡大縮小を目の開閉に、上下の移動を目の形の変形に割り当てている。
設定が面倒だったので見開きには対応していない。

設定

  • 拡大縮小→移動の変換:まぶたの開閉。
  • 拡大縮小→回転の変換:アイラインの形の調整。
  • 位置コピー:目の弓なりの向き。

目を球体で作成している場合、IKを設定し、IK用ボーンにコンストレイントの設定をする。

目の動作
目の動作

+方向と-方向で変化量が著しく違う場合、+と-で別々にコンストレイントを設定しているのですが、もしかして他に上手いやり方があったりするんでしょうか。

中央に開閉用のボーンを置き、左右の口角に開閉、移動用のボーンを置く。
左右の拡大縮小を口の幅に割り当ててもよかったかもしれない。

設定

  • 拡大縮小→移動の変換:口の開閉。
  • 位置コピー:口角の位置、上下。

変形用ボーンはIKにした。

あごが伸びて見えるので、あごボーンの影響量は控えめ。

口の動作
口の動作